スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島大会を振り返って

7月21日・22日には、鹿児島大会に出場しました。
我が薩摩ボーイズは、昨年優勝の上津役ボーイズ(北九州)と対戦。
初回に1点を取るも、またしても大敗を喫しました。

そこで、他県の強豪チームを見て思ったのは、やはり、子供たちの動きが素晴らしくキビキビしているということです。選手の声は大きいですし、ベンチメンバーもずっと声を出しています。
私が、スコアを担当した試合の苅田ボーイズは特にすごかったです。
攻守交代の際はみんなダッシュですし、そのうえ、のびのび、楽しそうにプレーしていました。
保護者からは、「楽しんでやりなさ~い」という応援の声が飛んでましたし、何しろ、ここの監督は穏やかな感じの監督でした。
 
 当たり前のことをしっかりやって、楽しく野球をするってのが理想ですね。

大人が当たり前と思うことでも、小学生がそれを当たり前にやる難しさは分かります。
でも、暑さでだらけていた我が薩摩ボーイズの子供たちにも、そういった強豪チームのいい部分をしっかり見習って欲しいものですね。

 今のところ鹿児島には苅田ボーイズのようなチームはないですね。
 まずは、当たり前のことを当たり前にやることで、鹿児島一番を目指しましょう
 試合に勝つことはその次です。幸いにも、我が薩摩ボーイズには5年生が多くいますので、まだまだ時間はありますので。
 
 こんなチームですが、一緒に野球をやる仲間を募集中です。
 是非、体験・見学にどうぞ。
スポンサーサイト
野球をやるならボーイズリーグ
bl
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。